マット・バイオロス(Mayhem)、ジョン・パイゼル(Pyzel)、マーク・リチャーズを突撃!

マット・バイオロス(Mayhem)、ジョン・パイゼル(Pyzel)、マーク・リチャーズを突撃!

①サーフボードストアSurfboard Empire グランドオープニング&ニューモデル発表

②レジェンドシェイパー達とビールを

①サーフボードストアSurfboard Empire グランドオープニング&ニューモデル発表

ぼくが現在愛用しているサーフボード、Mayhemの直営店、Surfboard Empireのオープニングパーティーに招待して頂いたので、参加してきました!

世界大会の第一戦がちょうど終わったこの日、会場には、シェイパーのMatt BiolosJon Pyzel, Mark Richards

ライダーのKolohe Andino, Yago Dora, Caroline Marks, Macy Callaghan, Felicity Palmateerもいました!

Mayhemの代表シリーズ、Driverシリーズのニューモデルその名も”Uber Driver”

話題性抜群のネーミングですよね~ぼくは個人的にこのモデル、狙ってます。

名前は若干おふざけ系ですが、機能はしっかりとしていて、ハイパフォーマンス×小波用ボードとしてトッププロもすでに何人か使っているみたいですよっ

店内には大会のロッカールームを忠実に再現されたエリアも

②レジェンドシェイパー達とビールを

写真は若干暗めですが、マーク・リチャーズ氏と記念撮影

僕自身、まだ彼の板には乗ったことはないのですが、左端に写る友人ケヴィンが、「ハイパフォーマンスとは一味違うボードに乗ってみたくなったら、彼(マーク・リチャーズ)の板を絶対おすすめするよ!面白すぎて海から上がれないはずさ!」なんてごり押し。そんなことを言われてしまったら、欲しくなりますよね。

お金が出来たら、彼の板も一本ストックするしかないですね。

 

ぼくの愛用するボードのシェイパー、マットとも話をすることが出来ました。

現在ぼくは、Mayhemライダーで今回の大会にもワイルドカードで出場したMacy Callaghanのセカンドハンドのボードを愛用しているのですが、その、あまりの調子の良さに2枚も購入。いつかシェイパー本人にこの板の秘密を聞きたいと思っていました。

が、しかし、彼は「グラッシングが良いのさ。」と。

僕が待っていた答えは、「エントリーロッカーを…」とか「レール厚を…」なんて答えだったのですが。。。

もちろん、グラッシングはプロ用と、一般用では違うと思います。でも、シェイパーはグラッシングは通常イブンではやらないはず。

きっと、そこには企業秘密があるのだろうな、という僕なりの解釈で謎は謎のまま終わりました。

 

世界大会がはじまる場所ゴールドコーストだからこそ、世界的シェイパー、ライダー達と交流が出来る貴重な機会でした!

 

The reasons why I am drinking 3 litters of water every day.

The reasons why I am drinking 3 litters of water every day.

①The reason why I think about water intake.

②What exactly I felt with it.

③Recommended daily water intake as dietitian in Australia.

④How I can drink much water without getting tired.

①The reason why I think about water intake.

This is the textbook which I actually used for Nutrition. We studied lots of area of nutrition and “water intake” is one of the main part of study. Through this unit, we did case-study which is really close to reality, made a recommended food plan for the actual athlete. I did it for Ultimate Frisbee player . I believe it is quite easy trying thinking about how much I am drinking water, also it does not cost much. That is the reason why I thought I should try it out by myself. Nowadays, I am trying drinking water 3 litters per day.

②What exactly I felt with it.

Please check the main benefit that correct water intake can make you change because I just would like to tell you the reality with my own experience thru this 6 months. If you Google it by yourself, you can find it in a second.

Firstly, I have got endurance.

I was pretty easy to get tired before I was not drinking water enough. However, after I am thinking about it, I do not feel tired much as before.

Secondly, I could get rid of Migraine.

I was quite easy to get migraine, pretty much every second day, and I noticed “oh, I have not drunk water much yet today.” after I got migraine. Now, no need to worry about migraine at all, still I get it when I cannot drink water enough… haha

How important is water for Surfing?

We are sweating even we are swimming in the water even it seems we are not sweating, because of that we do not think about drinking water much. Even we are drinking salty-water without thinking, it means our salinity concentration of body is increasing. When body is getting back it to homeostasis, we need more water. Drink water enough before surfing, it give you more energy, endurance and even increase your peak performance of your surfing session. This is comes from my own experience thru some of session with drinking water and without it.

③Recommended daily water intake as dietitian in Australia.

Why is it 3 litter? 

I asked to dietitian who is called Tara who gave us a speech in a class.

The Nutrition Guru and The Chef this is the link which is her facebook page so check it if you like!

The fact the recommend daily water intake is “body wait × 0.03 litters”

 

So, in my case,

58kg×0.03=1.74litters

This is my needed water intake. Yes, I know it does not saying I need to drink 3 litters. Because this is the minimum border of water intake per day which is needed for daily activity, so I need to drink at least that litters.

 

④How I can drink much water without getting tired.

It is pretty hard to drink a lot of water than expected, also it is quite boring just drinking water.  At the beginning, I was trying with 500ml of bottle but it was just hard to keep drinking with it somehow, maybe at some stage I forget that how much water I already drank. So the first strategy was change to the big bottle, such as 1.5 litters of bottle then I just need 2 bottle of water!

 

 

I am also changing taste with Lemon or Lime Juice, Apple cider vinegar, put Slice of Lemon or Lime.

The fact is that you do not have to drink water if you do not want to, such as Apple juice, coke or even cucumber are fine to intake water.  But, why do we have to drink water? The reasons are “there is no calorie, easy to get it and low cost!”

 

Okey, so, why don’t you calculate your recommended daily water intake and drink at least that much of water for the day?

You will notice the difference and feel your body feels getting better than now!

 

What is the key of training for Surfing?

What is the key of training for Surfing?

①Giving training for the real Client in the class.

②I have done “this” for the first day.

①Giving training for the real Client in the class.

We can get the opportunity of the giving training for the real clients in a class. I believe this is one of the highlight of this course because before we work in industry, we can have the real experience with kind of security by teachers.  But still we have to create our own program and training, also we have to commit them. I have got a Ultimate Frisbee player who is competing as internationals.

Last time I was a trainer, but this time, I am participating in this program.

②I have done “this” for the first day.

This is the DAY!!!

I have got first screening today by my trainer Ludvig (from Sweden) and he had asked me about injury history, my goals of training, some physical tests. We had taken part in the surfing session last 6 months together and we have been good friends each other as a normal, but we are now Trainer and Client.

This is the first physical test he suggested me, BEEP TEST. As a result, I could get Level 10-11 today. It means GOOD.

Now I am really looking forward to getting improve my physical level in these 10 sessions with my trainer Ludvig.

Professional Surfer Kaiki Yamanaka X Body Conditionist Daiki Noguchi

Professional Surfer Kaiki Yamanaka X Body Conditioner Daiki Noguchi

①Who is “Professional Surfer Kaiki Yamanaka”?

②What is Body conditioning?

③How I approached to the body during competition period?

①Who is “Professional Surfer Kaiki Yamanaka”?

He was born in 1994 from Osaka, Japan, currently University student of Kansei University.

He is the hope of Kansai area in professional surfers for the world wide competitor.

Now he is moving his base to QS (Qualification Series) from Japan, JPSA (Japan Pro Surfing Association),

and competing hard even he is carrying significant Lower Back Issue.

 

Please have a look his Instagram and Video at the end of this!!

 

Nowadays, he is staying at Gold Coast, Australia to compete QS.

Though I could not see him much in Japan due to the distance between Osaka and Tokyo,

I have been seeing him in Australia often on February pretty much every year since we had been friend.

At this time, I had a chance to go to Gold Coast from Sunshine Coast for something else,

eventually he offer me to do his body conditioning at the time and I accept it.

 

②What is Body conditioning?

We, personal trainer, calling Body Conditioning for checking muscle balance

and maintenance it with full knowledge of muscular, anatomy, bones and physiological point.

We use the techniques of stretching and strength, the skill of muscle maintenance for body conditioning.

 

③How I approached to the body during competition period?

It was the first session for Kaiki, had a screening about how is body going,

how do you treat your body in Japan,

then I talked to Kaiki how he wants to treat today, this time.

The day was just between the competition (2 days before the next comp),

so I did not give deep tissue treatment for him but treat superficial tissue,

release fatigue muscle pain for whole body with general pressure

base with the treatment what he normally has in Japan.

 

Also I asked him what he normally train and fix some techniques

and give some new core exercises and stretching.

 

I got a text from him after that and he said;

 I feel my body has got  really light!

Lower back is still sore,

I would like to have your body conditioning again!

I was really happy with he got positive result

but also I was a little bit shocked that his lower back is the same,

even I expected it will not change a lot

because it was not good time to give deep tissue treatment for that area.

I told him that you need a patience to fix it well and need to take a time approaching it.

Also that is the job of mine that make that time short and even stronger than before as a good personal trainer.

I said to him that I would like to have session more often and make him stronger.

Now still studying for the next session for better result.

 

Until I can say these words with full of confidence that “making lower back better ”

from my own experience of Herniated disc of lower back,

that experience was one of best session for me to be motivated even higher!!

Thank you for your cooperation, Kaiki!!

 

Here is his IG↓

This is the video which he has made when he had come to Australia last year.↓

📍Australia from kaiki yamanaka on Vimeo.

ピラティス:Pilates

ピラティス:Pilates

①ピラティスって?

②サーフィンとピラティス

 

まず、初めに。

Termの終わりということもあって、とっても忙しくしています。

なので、今日の出来事をちょこっとだけ!

①ピラティスって?

pilates1

ピラティスとは、ドイツ人のJoseph Pilatesという人が考案したマッスルコントロールや、呼吸法、柔軟性、バランス、コアストレングスなどを主体としたボディメンテナンスエクササイズです。

以前、僕はヨガを体験したことはあるのですが、必要な身体の要素としてはヨガと類似している部分が多いですが、ピラティスではセラバンドやバランスボールを使ったエクササイズも多く使われます。

学校でピラティスの講義を受け、今回、テストの一環としてクラスを行いフィルミングを行いました!!

協力してもらったのは友達、ドイツ人のDaniel, Marvin and Heida そして、オーストラリア人(オリジナルはブリティッシュ)のNicki!!

柔軟性とバランス重視の20分間のセッションを今回は行いました!

②サーフィンとピラティス

pilates2

お決まりのサーフィンとの関連性!

僕がこうしてシェアするということは、もちろん、“効果アリ”です!!

  • マッスルコントール
  • 呼吸法
  • 柔軟性
  • バランス
  • コアストレングス

どれをとっても、関係性アリアリですよね

前回にもお話しをした、呼吸。

たくさん運動した時、普段感じない筋肉、首や鎖骨の辺りがすごく痛くなりますよね。

実は呼吸という動作は横隔膜やお腹回り、胸筋だけでなく、たくさんの小さい筋肉もつかっているのです!!

日ごろなかなか使わない筋肉をこうして意識的に鍛えることで、もっともっと簡単に疲れた時に呼吸ができるようになります!

 

今日お話ししたピラティスについて、もっと詳しく聞きたい、プログラムが知りたいという方がもしいれば、Facebookのコメントやメッセージ、または問い合わせページ(実はそんなのもあります)から教えてください!

質問などもいつでも気軽にしてくださいね!

では、またしばらく、空いてしまうと思いますが、課題に追われているためご了承ください。。。

シェアしたいことは、たくさんあるんです・・・。

 

呼吸法:Breathing Technique

呼吸法:Breathing Technique

①身体だけで波と遊ぶ

②水中でパニックにならないためには

③10ftの波からワイプアウト

①身体だけで波と遊ぶ

images.jpg

Body Surfingという言葉は、もしかしたら聞いたことある人あうという人、無いという人いるかもしれません。

要は、身体だけでサーフィンをするということ。

やってみると、コツを掴めば意外と簡単に出来ちゃいます。楽しいですよ。

今回のサーフィンの授業で、またちょっと変わった新しい遊び方を教わりました!

(サーフィンの授業?ってなった方は、コチラを読んでいただけると何のことかきっとお分かりいただけるはずです!!)bodysurfing

波の中をサーフィンする!!波のパワーを利用して、波の下を進むんです!

難しいですが、ちゃんとした呼吸法とタイミングを掴めばなんとなく、出来るようになります

その、呼吸法。今回は呼吸法について、たくさん教わりましたので、少しシェアをしたいと思います!

口からスッと、ストローを吸うようにお腹の底に空気を入れます。そして、スーーーッと口から吐き出します。

ポイントは、お腹にだけ空気を入れるということ。胸には空気は入れません。

お腹にスッと空気を入れ、波とのタイミングを合わせれば、波の下をすーーーーっと進むなんとも言えない感覚を味わうことができますよ!

②水中でパニックにならないためには

特に、水中が苦手な人はこの呼吸法を使って息をコントロールする方法が学べます。

僕も実は水中が苦手です。あの、苦しい感じがすごく嫌なんです。

しかし、この練習を通して明らかに苦しさをコントロール出来るようになりました!

今度は波に向かって潜ります。スッと息を入れ、波の下を潜り抜け、そのまま顔を下にして次の波が来るまでふわーっと浮きます。すると、耳から次の波が来るのが聞こえるんです。最初はすっごい怖いです。見えないのに、波が来るのが。でも何回かすると慣れてきます。

ポイントは、顔を上げるタイミングでスーッと勢いよく口から息を吐き出し、次の吸気をスッと入れること。クジラやイルカのようにシューッと吐き出します。

③10ftの波からワイプアウト

このテクニックはやはりサーフィンにも応用できます。

大きな波でサーフィンする時、ワイプアウトしてしまったら。

考えただけで怖いですよね。巻かれに巻かれて顔をあげたら次の波にさらわれて。

今回のこの呼吸法を習得していれば、こんな時もリラックスして対処することができますね。

ワイプアウトはいくらサーフィンが上手くても、プロでも、してしまいます。

肺活量を鍛えるのはもちろん大事だとは思いますが、そんな簡単には出来ないと思います。

呼吸法は、簡単に練習できるので、いつかの時のために身につけておきたいテクニックだと思ったので、今回シェアさせてもらいました!

 

トレーニングや今回の呼吸法についての動画の配信方法を模索中です。

しばらく、お待ちください。。。

また、今回の画像は全てgoogleさんからお借りしました…。

高強度インターバルトレーニング!!

高強度インターバルトレーニング!!

①インターバルトレーニングとは?

②今回のメニュー

③サーフィンに応用できる?

④普段の生活には効果的?

①インターバルトレーニングとは?

今日、インターバルトレーニングセッションをしたので、紹介してみたいと思います!

インターバルトレーニングは持久力向上や体脂肪燃焼が期待されます、が、とってもきついです。

今回は高強度インターバルトレーニング!!

グループセッションなので、いくつかのステーションをペアを組んで回るという方法で行いました!

エクササイズは50秒間、ステーションを入れ替わるのは10秒、セット間が1分間の休み、を3セット

計20分間の短いけれどもハードなトレーニングです!!

received_10154460184729518.jpeg

②今回のメニュー

今回は、

①エアロバイク

②ローイング

③スキッピング(縄跳び)

④ステップアップ

⑤ジャンプランジ

⑥ラン(ダッシュ)

6個のステーションで行いました!!

received_10154460184609518.jpeg

僕は右端。

黄緑はドイツ人のクリス。

挟まれて叫んでいるのが、先生、マーカスです!

③サーフィンに応用できる?

サーフィンに、応用できるか。

出来ます!!

サーフィンには持久力が欠かせません。サーフィンの体力はサーフィンでしか養えない!そう、おっしゃる方もいるかとは思います。

それも、そうではありますが、というのも、使う筋肉が違うから。

しかし、基礎体力、という面では、間違いなく影響してきます。

1日に何ヒートも通して行われるサーフィンの大会。サーフィンがいくら上手くても、ファイナルまで全力を出し切れる体力がなければ勝てませんね。

フリーサーフィンでも、1日に2ラウンド、3ラウンドするとして、後半、体力続かなくてしんどい…

なんてこともありますよね。

インターバルトレーニング、しましょう!

ジムに行かなくても大丈夫です。

器具が無くても大丈夫です。

今回の6つのトレーニングのうち、ジムに行かなければならないもの、ローイング、ただ一つだけなんです!

ただし、気を付けなければならないのは、筋肉痛になるかならないかの絶妙なラインでトレーニングしなければならないということ。

サーフィンに影響は及ぼしたくありません。なので、1つ1つは高強度にしなくても大丈夫です。

とにかく、短い時間でいくつものステーションを回っていくことが重要になります。

もう一つ、忘れてはならないのが、ウォーミングアップとクーリングダウン。絶対に手を抜いてはいけません。

④普段の生活には効果的?

はい、間違いなく効果的です!!

仕事で疲れが溜まってしまい、せっかくのお休みをお家で過ごしている方ってどれくらいいるのでしょうか?

きっと、たくさんいると思います。

それって、僕はもったいないと思います。

お休みの日だからこそ、外に出て、いろんなことしていただきたいです!

最初はつらいかもしれない、でも、体力が付いてきたら、何かに取り組む活力になるかもしれない!

そしたらきっと1日の仕事量、生産性も上がると思います!

どうでしょうか?

いいと、思いませんか?

一人がしんどかったら、だれか、パートナーと一緒にやってみませんか?

質問あれば、聞いてください。

何したらいいですか?どれくらいしたらいいですか?

何でも聞いてください。

答えられる限り、お答えします!

received_10154460184959518.jpeg

きっとあなたもこんな苦笑いしかできないと思います、最初は。

でも、このジャーマンクリスのように余裕の表情出来る日がやってきますよ!

Profile3 オーストラリアにワーホリ、そしてサーフィンを始める

”オーストラリアにワーホリ、そしてサーフィンを始める”

①ワーキングホリデーでオーストラリアへ

②新品のサーフボードを購入後初めてのサーフィンで、、、

①ワーキングホリデーでオーストラリアへ

大学在学中、いてもたってもいられず3年生を休学して”英語”と”サーフィン”の勉強のためにオーストラリアへ

1年を通して色々な経験をさせてもらいました

ⅰ) ニューキャッスルで高校の日本語クラスのアシスタント

ⅱ)語学学校での勉強

ⅲ)サーフィンを始める

ⅳ)アルバイト経験

ⅴ)異文化体験

ⅵ)旅行

以上の経験を元に、今までたくさんの友人、友人の友人をオーストラリアのワーキングホリデーへ送り出してもきました

なので、オーストラリアワーキングホリデー情報や現地の生活などなんでも聞いてくださいね

初日に新品のサーフボードを、折る

ワーキングホリデーでの一番大きな目標であるサーフィン

ワクワクを抑えきれず新品の板と一式をサクッと揃え、買った勢いのまま海へドボン!!

上の写真の通り、マイボードを開始30分でぱっくり!浅瀬にグサッと!

当時は相当ヘコみました。

しかし、この経験のおかげで、僕がビギナーサーファーを教える時には必ず注意するように指導するきっかけになりました

その後、車を購入し、ほぼ毎日サーフィンをするという夢のような生活を送っていました

ハタチの僕は完全にサーフィンに魅せられました

もっともっと知りたい方はコチラもどうぞ

Screenshot_2016-07-21-00-58-38Profile4 そして現在、こんなこと勉強してます

20160730_124052.jpgProfile

australiaProfile2 なぜオーストラリア?