マット・バイオロス(Mayhem)、ジョン・パイゼル(Pyzel)、マーク・リチャーズを突撃!

マット・バイオロス(Mayhem)、ジョン・パイゼル(Pyzel)、マーク・リチャーズを突撃!

①サーフボードストアSurfboard Empire グランドオープニング&ニューモデル発表

②レジェンドシェイパー達とビールを

①サーフボードストアSurfboard Empire グランドオープニング&ニューモデル発表

ぼくが現在愛用しているサーフボード、Mayhemの直営店、Surfboard Empireのオープニングパーティーに招待して頂いたので、参加してきました!

世界大会の第一戦がちょうど終わったこの日、会場には、シェイパーのMatt BiolosJon Pyzel, Mark Richards

ライダーのKolohe Andino, Yago Dora, Caroline Marks, Macy Callaghan, Felicity Palmateerもいました!

Mayhemの代表シリーズ、Driverシリーズのニューモデルその名も”Uber Driver”

話題性抜群のネーミングですよね~ぼくは個人的にこのモデル、狙ってます。

名前は若干おふざけ系ですが、機能はしっかりとしていて、ハイパフォーマンス×小波用ボードとしてトッププロもすでに何人か使っているみたいですよっ

店内には大会のロッカールームを忠実に再現されたエリアも

②レジェンドシェイパー達とビールを

写真は若干暗めですが、マーク・リチャーズ氏と記念撮影

僕自身、まだ彼の板には乗ったことはないのですが、左端に写る友人ケヴィンが、「ハイパフォーマンスとは一味違うボードに乗ってみたくなったら、彼(マーク・リチャーズ)の板を絶対おすすめするよ!面白すぎて海から上がれないはずさ!」なんてごり押し。そんなことを言われてしまったら、欲しくなりますよね。

お金が出来たら、彼の板も一本ストックするしかないですね。

 

ぼくの愛用するボードのシェイパー、マットとも話をすることが出来ました。

現在ぼくは、Mayhemライダーで今回の大会にもワイルドカードで出場したMacy Callaghanのセカンドハンドのボードを愛用しているのですが、その、あまりの調子の良さに2枚も購入。いつかシェイパー本人にこの板の秘密を聞きたいと思っていました。

が、しかし、彼は「グラッシングが良いのさ。」と。

僕が待っていた答えは、「エントリーロッカーを…」とか「レール厚を…」なんて答えだったのですが。。。

もちろん、グラッシングはプロ用と、一般用では違うと思います。でも、シェイパーはグラッシングは通常イブンではやらないはず。

きっと、そこには企業秘密があるのだろうな、という僕なりの解釈で謎は謎のまま終わりました。

 

世界大会がはじまる場所ゴールドコーストだからこそ、世界的シェイパー、ライダー達と交流が出来る貴重な機会でした!

 

Profile3 オーストラリアにワーホリ、そしてサーフィンを始める

”オーストラリアにワーホリ、そしてサーフィンを始める”

①ワーキングホリデーでオーストラリアへ

②新品のサーフボードを購入後初めてのサーフィンで、、、

①ワーキングホリデーでオーストラリアへ

大学在学中、いてもたってもいられず3年生を休学して”英語”と”サーフィン”の勉強のためにオーストラリアへ

1年を通して色々な経験をさせてもらいました

ⅰ) ニューキャッスルで高校の日本語クラスのアシスタント

ⅱ)語学学校での勉強

ⅲ)サーフィンを始める

ⅳ)アルバイト経験

ⅴ)異文化体験

ⅵ)旅行

以上の経験を元に、今までたくさんの友人、友人の友人をオーストラリアのワーキングホリデーへ送り出してもきました

なので、オーストラリアワーキングホリデー情報や現地の生活などなんでも聞いてくださいね

初日に新品のサーフボードを、折る

ワーキングホリデーでの一番大きな目標であるサーフィン

ワクワクを抑えきれず新品の板と一式をサクッと揃え、買った勢いのまま海へドボン!!

上の写真の通り、マイボードを開始30分でぱっくり!浅瀬にグサッと!

当時は相当ヘコみました。

しかし、この経験のおかげで、僕がビギナーサーファーを教える時には必ず注意するように指導するきっかけになりました

その後、車を購入し、ほぼ毎日サーフィンをするという夢のような生活を送っていました

ハタチの僕は完全にサーフィンに魅せられました

もっともっと知りたい方はコチラもどうぞ

Screenshot_2016-07-21-00-58-38Profile4 そして現在、こんなこと勉強してます

20160730_124052.jpgProfile

australiaProfile2 なぜオーストラリア?