マット・バイオロス(Mayhem)、ジョン・パイゼル(Pyzel)、マーク・リチャーズを突撃!

マット・バイオロス(Mayhem)、ジョン・パイゼル(Pyzel)、マーク・リチャーズを突撃!

①サーフボードストアSurfboard Empire グランドオープニング&ニューモデル発表

②レジェンドシェイパー達とビールを

①サーフボードストアSurfboard Empire グランドオープニング&ニューモデル発表

ぼくが現在愛用しているサーフボード、Mayhemの直営店、Surfboard Empireのオープニングパーティーに招待して頂いたので、参加してきました!

世界大会の第一戦がちょうど終わったこの日、会場には、シェイパーのMatt BiolosJon Pyzel, Mark Richards

ライダーのKolohe Andino, Yago Dora, Caroline Marks, Macy Callaghan, Felicity Palmateerもいました!

Mayhemの代表シリーズ、Driverシリーズのニューモデルその名も”Uber Driver”

話題性抜群のネーミングですよね~ぼくは個人的にこのモデル、狙ってます。

名前は若干おふざけ系ですが、機能はしっかりとしていて、ハイパフォーマンス×小波用ボードとしてトッププロもすでに何人か使っているみたいですよっ

店内には大会のロッカールームを忠実に再現されたエリアも

②レジェンドシェイパー達とビールを

写真は若干暗めですが、マーク・リチャーズ氏と記念撮影

僕自身、まだ彼の板には乗ったことはないのですが、左端に写る友人ケヴィンが、「ハイパフォーマンスとは一味違うボードに乗ってみたくなったら、彼(マーク・リチャーズ)の板を絶対おすすめするよ!面白すぎて海から上がれないはずさ!」なんてごり押し。そんなことを言われてしまったら、欲しくなりますよね。

お金が出来たら、彼の板も一本ストックするしかないですね。

 

ぼくの愛用するボードのシェイパー、マットとも話をすることが出来ました。

現在ぼくは、Mayhemライダーで今回の大会にもワイルドカードで出場したMacy Callaghanのセカンドハンドのボードを愛用しているのですが、その、あまりの調子の良さに2枚も購入。いつかシェイパー本人にこの板の秘密を聞きたいと思っていました。

が、しかし、彼は「グラッシングが良いのさ。」と。

僕が待っていた答えは、「エントリーロッカーを…」とか「レール厚を…」なんて答えだったのですが。。。

もちろん、グラッシングはプロ用と、一般用では違うと思います。でも、シェイパーはグラッシングは通常イブンではやらないはず。

きっと、そこには企業秘密があるのだろうな、という僕なりの解釈で謎は謎のまま終わりました。

 

世界大会がはじまる場所ゴールドコーストだからこそ、世界的シェイパー、ライダー達と交流が出来る貴重な機会でした!

 

ロング&ショート両刀プロサーファー田岡なつみ来豪&アテンドさせていただきました!

ロング&ショート両刀プロサーファー田岡なつみ来豪&アテンドさせていただきました!

①ロング&ショート両刀プロサーファー田岡なつみプロって、こんなスゴイ人

②現地在住ガイド&友人としてのサポート

③滞在期間中の過ごし方

④飛び入りで日本人サーフィン大会に出場

①ロング&ショート両刀プロサーファー田岡なつみプロって、こんなスゴイ人

簡単に分かりやすく一言でいうと、”日本で、アジアで今ロングボードが一番上手い人”

そんなスゴイ人が、今年からはショートボードまでもプロの世界に飛び込むようです。

日本在住のみなさんは、ほぼ全員が一度は、いや、二度、三度と目にしているのではないでしょうか?

そう、清涼飲料のCMのあの子です!きっとTVCMや駅、街中の広告で必ず見たことがあると思います!

そんな彼女が今回、ディフェンディングチャンピオンとなるロングボードの大会出場、ショートボードのレベルアップの為に来豪しました。

②現地在住ガイド&友人としてのサポート

大学在学中から親交のあるなつみプロ(ぼくは”なっちゃん”と呼んでますっ)を、今回は、ゴールドコースト在住者として、友人として、サポートをして欲しいという依頼を受たので、アテンドを担当させていただくことになりました!!

実際にサポートをしたのは、

  • レンタカーの手配
  • アコモデーションの手配
  • サーフィンコーチングの手配
  • ポイントの案内
  • トレーニング体験

などなど

現地に住んでいるからこそのコネクションを最大限に活かして、たくさんの周りの人に協力を得ながら満足のいってもらえるサポートが出来たと思います!レンタカーの煩わしい制約を無くし、バックバッカーズでは不安なセキュリティ、ホテルやモーテルなどではどうしてもかかるコストをクリアし、時間とお金をかなり節約できました。

また、ローカルの人達だけが知っている地形の良い場所を把握できたことで、サーフィンが唯一出来たポイントへ行けた日もありました。

③滞在期間中の過ごし方

10日ほどと短い期間ですが、滞在期間後半にあるロングボードの大会に照準を合わせつつも、序盤にショートボードのコーチングを受け、あとはコンディションを見ながらロングボード、ショートボードどちらも1ラウンドは必ず海に入ることを心がけていたようです。

あまり、波には恵まれないコンディションでしたが、それでも何とかほとんど毎日、ゴールドコースト内、バイロンベイ周辺など様々なポイントでサーフィンをすることが出来ました。

④飛び入りで日本人サーフィン大会に出場

毎年この時期に開催される、レトリックというゴールドコーストのサーフショップの冠大会、”レトリックカップ”

日本のトッププロたちも多く参加するこの大会。

ウィメンズクラスで飛び入り参加し、健闘したが惜しくも2位という結果に。勝負は勝負。2位ということ、自分のライディングには全く満足は言っていない様子でしたが、スモールコンディションながらも、コーチングで得たスキルは間違いなく発揮されているように見えました!

そんなコーチングに関しては、個別の記事に書いてみようと、思います。

更新し次第、ここにもリンクを貼りたいと思います!

なっちゃんのインスタグラムもチェックしてねっ↓

きっと女性から見ても憧れるだろう美女サーファー5選

きっと女性から見ても憧れるだろう美女サーファー5選

前回のイケメンに引き続き、今回は美女サーファー特集です!!

①Tatiana Weston-Webb

Tatiana Weston-Webb(タティアナ・ウェストン・ウェブ)

1996年5月9日生まれ

ハワイ(カウアイ)出身

金髪が輝くハワイアン美女

この美貌からも人気も高く、またサーフィンのキレも素晴らしい!

こんなに素敵なのに、大きい波を簡単に乗りこなします

②Malia Manuel

Malia Manuel(マリア・マニュエル)

1993年8月9日生まれ

ハワイ(カウアイ)出身

またしてもハワイアン美女

こんがり焼けた肌とナチュラルな茶髪が素敵なサーファーガール

③Laura Enever

Laura Enever(ローラ・エネバー)

1991年11月14日生まれ

オーストラリア(シドニー)出身

脚がめちゃめちゃ長くてキレイです

普段は綺麗な金髪ですが、ピンクに染めたり、水色に染めたりと、

チャレンジしてますが、すべて可愛い

フェイスブックもしくはインスタグラムでぜひ探してみてくださいね~

④Lucia Martino

Lucia Martino(ルシア・マルチノ)

1994年6月1日生まれ

スペイン(ヒホン)出身

ヨーロピアンらしい素敵なスタイルの持ち主

すっごい綺麗な眼をしてます

⑤Ellie-Jean Coffey

Ellie-Jean Coffey(エリー・ジーン・コフィー)

1994年11月25日生まれ

オーストラリア(ゴールドコースト)出身

問題のこの子。

この写真の元動画が世界のサーファーの間で

かなり話題になりました

写真は常にセクシー路線を突っ走っており、

どの写真も際どい

しかし、ゴールドコーストにいると割と簡単に会えちゃったりします

話かけてみても、気さくに喋ってくれるし、

サーフィンも上手、

ボランティア活動をしていたりと、

割とちゃんといい子という印象ですよ~

今回はEllieでしたね~

 

ちなみにEllieはCoffey姉妹の長女

妹たち、弟のフェイスブック&インスタグラムも

ぜひチェックしてみてください!

 

どうでしたでしょうか?

お気に入りの美女サーファーを見つけることは出来ましたか?