プロサーファー山中海輝×ボディコンディショニスト野口大貴

プロサーファー山中海輝×ボディコンディショナー野口大貴

①”プロサーファー山中海輝”とは

②ボディコンディショニングとは

③コンプ中の身体へのアプローチ

①”プロサーファー山中海輝”とは

関西大学在学中で’94年生まれのプロサーファー

関西の期待の星!と、言われてますが、すでにサーフィンはキレキレ

数年前から腰部の不調と向き合いながらも

プロとして第一線で戦っています!

記事の最後に、中でも僕が好きな海輝プロの動画を載せたので、ぜひご覧ください!

 

現在、オーストラリアで開催されるQSの大会に出場するために来豪中。

彼とは4年ほどの付き合いですが、大阪と東京ということもあって、

日本で会ったことは恐らく1度も無いですが、

オーストラリアではこの時期になるとよく、会いますね。

今回は、たまたまサンシャインコーストからゴールドコーストへ行くタイミングがあり、

ボディコンディショニングをして欲しいとの要望を受けたので、

セッションをする運びとなりました

②ボディコンディショニングとは

ボディコンディショニングとはつまり身体の調子を診て、身体のバランスを整えてあげるということ

パーソナルトレーナーとして身体の知識をフル稼働させてアプローチしていきます

ストレッチなどの方法で柔軟性を高めたり、

トレーニングなどの方法を享受することで身体能力を高めたり、

といった方法で整えることが可能です。

③コンプ中の身体へのアプローチ

今回、海輝プロとのセッションは初めてだったので、

改めて身体の調子、日本での治療方法を聞いたうえで、

どのようにアプローチをするかを決めます。

今回は大会の間のオフの日、ということで

疲労回復と不調な部分のアプローチを全体的に軽めに行いました。

ベースは日本で行っている治療方法で、あまり強度の強くない方法で。

様々な方法でのストレッチ、ファッシャトリートメント(筋膜へのアプローチ)、トリガーポイント治療を行い、

普段、自身で行っている体幹トレーニングとストレッチのテクニックの修正とアドバイスも行いました。

 

後日、コメントを本人から頂きました。

そのまま引用します。

身体軽くなりました!!

腰の調子は変わらなかったです(涙)

でもぜひ、またお願いしたいです!

身体が軽くなったという嬉しい報告があったので、

その点に関してはアプローチが上手くハマったということ!

腰の調子が変わらなかった、というのは、自分自身ある程度予想していました。

腰というのはなかなか厄介なのです。

ガマン強く、時間はかかるけれども少しずつアプローチしていくしかないのです。

しかし、そこから出来るだけ短時間でかつ、さらに強化させていくのが

僕のパーソナルトレーナーとしての仕事!

もっともっとセッションを重ねて、強い身体を一緒に作ってあげたい!

と、本人にもそう伝え、

次のセッションをより良いものにするためにさらに日々勉強中。

是非次も!と、言ってもらえたので。

 

自身の椎間板ヘルニアでの経験を活かし、

腰の強化が専門だ!と言えるようにもっと知識を深めようと

モチベーションを上げさせてもらえた貴重なコメントでした!

海輝プロありがとう!

 

インスタグラムはコチラ↓

コチラの動画はちょうど去年のオーストラリア遠征のものです↓

📍Australia from kaiki yamanaka on Vimeo.

プロサーファーからトレーニングを受ける

プロサーファーからトレーニングを受ける

①Fitness & Health Expoというイベントから見るオージーの意識の高さ

②Sally Fitzgibbons とは

③日々のトレーニングの意識

④こんなトレーニングしました

①Fitness & Health Expoというイベントから見るオージーの意識の高さ

オーストラリア国内各都市で開催される”Fitness & Health Expo”というものが近くのBrisbaneで開催されていたので行ってみました。

20161023_211025.jpg

意外とバタバタして写真撮り忘れたのでチケットを・・・。右端がなぜか汚れている、その理由は・・・後ほど。

やはりフィットネスに意識の高いオージーで会場はいっぱい!!

プロテインなどのサンプルやトレーニングマシンなどの展示&体験、ウェアの販売などをがブースのメインカテゴリー。

詳しくは別の記事に書きたいと思いますが、クラスメイトが同会場で行われているBody Buildingのコンペティションに出てたりもしました!

②Sally Fitzgibbons とは

received_10207721704060383.jpeg

僕が今回このExpoに訪れた理由、それは、Sallyちゃんに会いに行くため!と、書くとすごくミーハーっぽく聞こえますが、彼女が僕が生まれて初めて会ったプロサーファーで、それ以来ずっと応援させてもらってます、勝手に。

Sally Fitzgibbons

身長体重は僕とほぼ同じ。男としては悔しいけれども・・・。

カレントランキングは8位。簡単に言うと、地球上の女子サーファーで8番目にサーフィンが上手いということ!!

去年までは必ず4位以上に位置していたのですが、最近はスポンサーが変わったり、去年の鼓膜が破れるという事故だったり(それでもその大会で優勝してます)、こういったトレーニングの周知活動だったり、婚約だったり、環境が激変してるのが影響しているのは間違いないでしょう。

何回か直接会って話をさせてもらったことがあるんですが、いつも明るくてすごくキュートな人柄です

少し前に、飛行機の中でのストレッチについて書かれていた記事を読んだのですが、いくつかわからない点があったので、質問させてもらったところ、メールで聞いてくれたら秘密を教えてくれるとのこと!

なんていい人なんだ!!ますますファンになりましたよ、はい。

③日々のトレーニングの意識

20161023_130642.jpg

(写真、ブレてる・・・?)

トークショーでは、日々のトレーニングのことについて、こんなことを言っていました。

“朝イチのランニングは欠かせないわ。ずっと前からやってきたことだし、体のメンテナンス、いわばメディテーションのようなもの。ランニングで体のコンディションを整えるの。”

これを聞いてランニング、しようかな、と思いました。単純ですからね、僕。

その他にも、栄養について。

“たくさんの人からこれは良い、これは良いって言われてどれが結局良いのか分からなくなってしまったの。だから原点に返って、普通の食事を普通に摂るように心がけているわ。試合で海外に行くときには、クオリティの良いものをしっかりと食べるようにして、泊る所はなるべく家のような居心地のいい空間にするように心がけているの。”

最初の方は聞けなかったのですが、それでも貴重な話を聞くことができました。

④こんなトレーニングしました

received_10207721704700399.jpeg

サーフィンをベースにした面白いトレーニングでした!

時々、水鉄砲を発射してまるでサーフボードの上にいるかのような感覚を味合わせてくれるエンターテイメント性もあり、すごく楽しくトレーニングができました!

received_10207721704820402.jpeg

サーフィンのスタンスで前後に揺さぶったり、細かい足踏みからのスクワットなどなどを行い、30分のセッションでもう太ももはパンパン。

他にも肩のモビリティーだったり、腕立ての途中で左右に揺さぶったりと、基本的なトレーニングをしっかりとベースに置いたまま、サーフィンに特化するような身体全体を動かすホールボディプログラムでした。

1つ1つはシンプルながらも、セッションの半ばからサリーちゃんってやっぱりすげぇ・・・。ってなってました。

received_10207721704900404.jpeg

これは最後のメディテーションの瞬間。

“ヨガマットを通して地球と繋がっていることを意識して~”とか、”自分の持つエネルギーを感じて~”など、スピリチュアルなことまで意識しているんだなと勉強させられました。

セッションの最後にはグループフォトを撮ったので、いつかSNSにアップされることを期待して、ます・・・!

 

自分の学校もいよいよ終盤に差し掛かっています。

この一年で色々なトレーニング方法を学びましたが、またさらに自分のトレーニングに幅をもたらしてくれる貴重な時間でした!!