29歳冬、男泣きです。。

「カバンは何があっても中は見ないで!」

ある日突然一番下の子が言ってきた。

 

はて。今まで勝手にカバンを開けたことなんて一度も無いし、

たかだか入ってるものなんて、学校のプリントとかお弁当箱くらいのもん。

わざわざ見ないよ~と、思いつつ、「おっけ~分かった~」とは一応言っといた。

 

9月4日土曜日、夕飯も終わり、片付けもぼちぼち終わろうかという時(ご飯はマミーが作る担当、僕が片付けする担当。

みんなが知ってるバースデーソングみたいなやつ、でも違う歌が聞こえてきた。

『Happy Father’s Day to Daiki~』

の歌と共に下の子とマミーがお手紙とプレゼントを持ってきた。

車に吊るす様ないい匂いのするやつと、”Best DAD ever”と書いてあるマグネット。

 

あー!そーいうことかー!

父の日ね!

プレゼントをカバンの中に隠してたから、

「カバンは何があっても中は見ないで!」

なんて言ってきたわけだー。と合点がいった。

 

 

 

 

 

 

 

 

この家族に入ってから、4年目についこの前突入したわけだけども、

父の日をもらったのは初めてのこと。

僕は外から突如入ってきたわけだし、

もちろん本物のお父さんでもないし、

本物のお父さんは離婚はしたけど、週の半分、お父さんのとこにいるわけで。

なのに、子供から自発的に父の日をしよう!と言ってきたらしいからこれは涙もの。

 

年頃、14歳の娘と12歳の難しい年頃の息子も手紙に言葉を添えてくれて。

感動と感謝と感激で涙が止まりません。

 

時には厳しくいってしまう時もあるし、

つい理不尽な振る舞いをしてしまうこともある未熟者の僕に

父としての喜びを与えてくれてありがとう。

 

ちょっとくらい悪いことしても、見て見ぬふりをしよう、と、心に決めた日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です