プロテインは飲みたくなかった。でも、試してみた。-10セッションを終えて 01-


コチラの記事から、-10セッションを終えて-というタイトルのもと、

感じたこと、変化、新しい発見なんかを書いてみようと思います。

サーファーとしてどこまで身体能力を向上できるのか

プロテインは飲みたくなかった。でも、試してみた。-10セッションを終えて 01-

①プロテインを飲みたくなかった。その理由とは。

②使用したプロテインはコチラ

③実際に飲んでみての感想は・・・?

①プロテインを飲みたくなかった。その理由とは。

まず初めに、プロティンに関して、色々な意見があります。

それを念頭に、僕も、僕なりの考えがありました。

それは、”プロテインはなるべくシェイクではなく食品で摂りたい。”

天然のソースからの栄養補給の方が身体に良いに決まってるし、実際何が入ってるかわからない。

身体に悪い成分だって入ってるんじゃないか?

そんなことを考えていました。

実際TAFEの先生のうちの一人も食品からの補給を好む先生もいて、

僕自身、その先生の考え方に非常に近しい考えを持っていました。

おそらく、これを読んでいる方の何人かは同じ、もしくは、プロテインラバー、よくわからないけど飲んでいる、

こんな感じだと思います。

さて、ではなぜ、プロテインを飲んでみようと思ったのか。

それは、

”何事も自分の身体で実験するべきだ!”

と、思ったから。

せっかくトレーニングをするわけだし、偶然にもオーストラリアから離れてしまうクラスメイトから、

余りのプロテインを譲り受けたので、これは試すチャンスだ!と、いうことで、飲んでみることにしました。

②使用したプロテインはコチラ

GIANT SPORTS ホエイプロテインチョコレート味

最近のプロテインは美味しい、と聞いてたので、

ちょっとだけ期待しつつ飲んでみた素直な感想が、

「・・・・ッ!マッズ!」でした。

やっぱりあんまり美味しくないです。

しかし、一般的に筋肉の栄養として良いとされている、牛乳由来のホエイ。

毎日飲んでいくうちにまあまあ味にも慣れてきました。

基本的にはトレーニングの直後に補給。

トレーニングの無い日には、朝もしくは好きなタイミングで補給。

BULK NUTRIENTS MICELLAR CASEIN チョコレート味

こちらも同じく牛乳由来のカゼイン

味はコチラは「あ、いける!」って感じでした。

カゼインはどうやら吸収スピードの関係で、寝る前に良いとされているので、

寝る前に必ず飲んでいました。

③実際に飲んでみての感想は・・・?

どちらを飲んでも特に身体の異常はもちろんなく、なんの問題もなく飲むことが出来ました。

トレーニングと、プロテイン摂取を行い、体重は”約2か月”で”約4kg増”!

目標体重には1kg及ばなかったものの、

しっかりと、目標をもって必要な栄養補給を行ったことでこのような結果が出たと信じています!

 

プロテインに詳しい友人の協力や、もちろん学校での授業、自身でのリサーチを通して、

プロテインを摂取するべき理由を身をもって理解することが出来ました。

結論は、

  1. なるべく自然のモノからの栄養摂取を心がけるべき
  2. 筋肉増強や体重増のためには、食事+プロテインシェイクが効果的
  3. その成分が身体に良いか悪いかは、実際にはわからない

プロテインだけ飲んでれば良い、ということではないです。

あくまで、食事のサポートです。

 

プロテインを飲むにあたって、アレルギー持ちの方は要注意です。

他にも、大豆や、卵、米などの様々なベースのプロテインがあるので、

アレルギーのある方は、必ず何のベースなのか確かめてから、試してみてください。

詳しい違いなんかは、また、追ってまとめていきたいと思います。

What is the key of training for Surfing?

What is the key of training for Surfing?

①Giving training for the real Client in the class.

②I have done “this” for the first day.

①Giving training for the real Client in the class.

We can get the opportunity of the giving training for the real clients in a class. I believe this is one of the highlight of this course because before we work in industry, we can have the real experience with kind of security by teachers.  But still we have to create our own program and training, also we have to commit them. I have got a Ultimate Frisbee player who is competing as internationals.

Last time I was a trainer, but this time, I am participating in this program.

②I have done “this” for the first day.

This is the DAY!!!

I have got first screening today by my trainer Ludvig (from Sweden) and he had asked me about injury history, my goals of training, some physical tests. We had taken part in the surfing session last 6 months together and we have been good friends each other as a normal, but we are now Trainer and Client.

This is the first physical test he suggested me, BEEP TEST. As a result, I could get Level 10-11 today. It means GOOD.

Now I am really looking forward to getting improve my physical level in these 10 sessions with my trainer Ludvig.

サーファーとしてどこまで身体能力を向上できるのか

サーファーとしてどこまで身体能力を向上できるのか

①授業で、実際のクライアントに実際にトレーニングをする

②初日にはこんなことを行いました

①授業で、実際のクライアントに実際にトレーニングをする

授業の一環で、我々はいくつかのタイプのクライアントを

実際にトレーニングできる機会があります

これがまず、このコースの醍醐味のうちのひとつ!

自分は、アルティメットフリスビーという競技の選手を担当し、

大会に向けてのトレーニングを10セッションと少し、行いました。

トレーナーとして、その競技を研究し、

ゴールに向かって一緒にアプローチをしていきます。

 

前回は、自分はトレーナー側でしたが、

今回は、サーファーとして、クライアント側として参加できることになりました。

 

②初日にはこんなことを行いました

今日はその初日!!

1、怪我の既往歴や2、身体の状態の確認、3、ゴールセッティング、

4、そのゴールにどのようにアプローチをするか、

などの測定評価、ミーティング(スクリーニングといいます)を行いました。

写真の彼が、僕のトレーナーのLudvig(ルイ:スウェーデン出身)

半年間サーフィンのセッションを共に行い、友人としても親しくしていますが、

これからは、トレーナーとクライアント。

ちゃんと差別をしていきます。

彼が指定した測定評価のうちの一つがこれ!

ビープテスト!

20mシャトルランといったほうがピンと来る人が多いかもしれません。

参考までに今回の結果を書いておきます。

Level10-11という結果でした!

評価でいうと、goodになるらしいです!!

これからの10セッションで、この結果がどれくらい伸びるのかが

とっても楽しみです!

Professional Surfer Kaiki Yamanaka X Body Conditionist Daiki Noguchi

Professional Surfer Kaiki Yamanaka X Body Conditioner Daiki Noguchi

①Who is “Professional Surfer Kaiki Yamanaka”?

②What is Body conditioning?

③How I approached to the body during competition period?

①Who is “Professional Surfer Kaiki Yamanaka”?

He was born in 1994 from Osaka, Japan, currently University student of Kansei University.

He is the hope of Kansai area in professional surfers for the world wide competitor.

Now he is moving his base to QS (Qualification Series) from Japan, JPSA (Japan Pro Surfing Association),

and competing hard even he is carrying significant Lower Back Issue.

 

Please have a look his Instagram and Video at the end of this!!

 

Nowadays, he is staying at Gold Coast, Australia to compete QS.

Though I could not see him much in Japan due to the distance between Osaka and Tokyo,

I have been seeing him in Australia often on February pretty much every year since we had been friend.

At this time, I had a chance to go to Gold Coast from Sunshine Coast for something else,

eventually he offer me to do his body conditioning at the time and I accept it.

 

②What is Body conditioning?

We, personal trainer, calling Body Conditioning for checking muscle balance

and maintenance it with full knowledge of muscular, anatomy, bones and physiological point.

We use the techniques of stretching and strength, the skill of muscle maintenance for body conditioning.

 

③How I approached to the body during competition period?

It was the first session for Kaiki, had a screening about how is body going,

how do you treat your body in Japan,

then I talked to Kaiki how he wants to treat today, this time.

The day was just between the competition (2 days before the next comp),

so I did not give deep tissue treatment for him but treat superficial tissue,

release fatigue muscle pain for whole body with general pressure

base with the treatment what he normally has in Japan.

 

Also I asked him what he normally train and fix some techniques

and give some new core exercises and stretching.

 

I got a text from him after that and he said;

 I feel my body has got  really light!

Lower back is still sore,

I would like to have your body conditioning again!

I was really happy with he got positive result

but also I was a little bit shocked that his lower back is the same,

even I expected it will not change a lot

because it was not good time to give deep tissue treatment for that area.

I told him that you need a patience to fix it well and need to take a time approaching it.

Also that is the job of mine that make that time short and even stronger than before as a good personal trainer.

I said to him that I would like to have session more often and make him stronger.

Now still studying for the next session for better result.

 

Until I can say these words with full of confidence that “making lower back better ”

from my own experience of Herniated disc of lower back,

that experience was one of best session for me to be motivated even higher!!

Thank you for your cooperation, Kaiki!!

 

Here is his IG↓

This is the video which he has made when he had come to Australia last year.↓

📍Australia from kaiki yamanaka on Vimeo.

プロサーファー山中海輝×ボディコンディショニスト野口大貴

プロサーファー山中海輝×ボディコンディショナー野口大貴

①”プロサーファー山中海輝”とは

②ボディコンディショニングとは

③コンプ中の身体へのアプローチ

①”プロサーファー山中海輝”とは

関西大学在学中で’94年生まれのプロサーファー

関西の期待の星!と、言われてますが、すでにサーフィンはキレキレ

数年前から腰部の不調と向き合いながらも

プロとして第一線で戦っています!

記事の最後に、中でも僕が好きな海輝プロの動画を載せたので、ぜひご覧ください!

 

現在、オーストラリアで開催されるQSの大会に出場するために来豪中。

彼とは4年ほどの付き合いですが、大阪と東京ということもあって、

日本で会ったことは恐らく1度も無いですが、

オーストラリアではこの時期になるとよく、会いますね。

今回は、たまたまサンシャインコーストからゴールドコーストへ行くタイミングがあり、

ボディコンディショニングをして欲しいとの要望を受けたので、

セッションをする運びとなりました

②ボディコンディショニングとは

ボディコンディショニングとはつまり身体の調子を診て、身体のバランスを整えてあげるということ

パーソナルトレーナーとして身体の知識をフル稼働させてアプローチしていきます

ストレッチなどの方法で柔軟性を高めたり、

トレーニングなどの方法を享受することで身体能力を高めたり、

といった方法で整えることが可能です。

③コンプ中の身体へのアプローチ

今回、海輝プロとのセッションは初めてだったので、

改めて身体の調子、日本での治療方法を聞いたうえで、

どのようにアプローチをするかを決めます。

今回は大会の間のオフの日、ということで

疲労回復と不調な部分のアプローチを全体的に軽めに行いました。

ベースは日本で行っている治療方法で、あまり強度の強くない方法で。

様々な方法でのストレッチ、ファッシャトリートメント(筋膜へのアプローチ)、トリガーポイント治療を行い、

普段、自身で行っている体幹トレーニングとストレッチのテクニックの修正とアドバイスも行いました。

 

後日、コメントを本人から頂きました。

そのまま引用します。

身体軽くなりました!!

腰の調子は変わらなかったです(涙)

でもぜひ、またお願いしたいです!

身体が軽くなったという嬉しい報告があったので、

その点に関してはアプローチが上手くハマったということ!

腰の調子が変わらなかった、というのは、自分自身ある程度予想していました。

腰というのはなかなか厄介なのです。

ガマン強く、時間はかかるけれども少しずつアプローチしていくしかないのです。

しかし、そこから出来るだけ短時間でかつ、さらに強化させていくのが

僕のパーソナルトレーナーとしての仕事!

もっともっとセッションを重ねて、強い身体を一緒に作ってあげたい!

と、本人にもそう伝え、

次のセッションをより良いものにするためにさらに日々勉強中。

是非次も!と、言ってもらえたので。

 

自身の椎間板ヘルニアでの経験を活かし、

腰の強化が専門だ!と言えるようにもっと知識を深めようと

モチベーションを上げさせてもらえた貴重なコメントでした!

海輝プロありがとう!

 

インスタグラムはコチラ↓

コチラの動画はちょうど去年のオーストラリア遠征のものです↓

📍Australia from kaiki yamanaka on Vimeo.

プロサーファーからトレーニングを受ける

プロサーファーからトレーニングを受ける

①Fitness & Health Expoというイベントから見るオージーの意識の高さ

②Sally Fitzgibbons とは

③日々のトレーニングの意識

④こんなトレーニングしました

①Fitness & Health Expoというイベントから見るオージーの意識の高さ

オーストラリア国内各都市で開催される”Fitness & Health Expo”というものが近くのBrisbaneで開催されていたので行ってみました。

20161023_211025.jpg

意外とバタバタして写真撮り忘れたのでチケットを・・・。右端がなぜか汚れている、その理由は・・・後ほど。

やはりフィットネスに意識の高いオージーで会場はいっぱい!!

プロテインなどのサンプルやトレーニングマシンなどの展示&体験、ウェアの販売などをがブースのメインカテゴリー。

詳しくは別の記事に書きたいと思いますが、クラスメイトが同会場で行われているBody Buildingのコンペティションに出てたりもしました!

②Sally Fitzgibbons とは

received_10207721704060383.jpeg

僕が今回このExpoに訪れた理由、それは、Sallyちゃんに会いに行くため!と、書くとすごくミーハーっぽく聞こえますが、彼女が僕が生まれて初めて会ったプロサーファーで、それ以来ずっと応援させてもらってます、勝手に。

Sally Fitzgibbons

身長体重は僕とほぼ同じ。男としては悔しいけれども・・・。

カレントランキングは8位。簡単に言うと、地球上の女子サーファーで8番目にサーフィンが上手いということ!!

去年までは必ず4位以上に位置していたのですが、最近はスポンサーが変わったり、去年の鼓膜が破れるという事故だったり(それでもその大会で優勝してます)、こういったトレーニングの周知活動だったり、婚約だったり、環境が激変してるのが影響しているのは間違いないでしょう。

何回か直接会って話をさせてもらったことがあるんですが、いつも明るくてすごくキュートな人柄です

少し前に、飛行機の中でのストレッチについて書かれていた記事を読んだのですが、いくつかわからない点があったので、質問させてもらったところ、メールで聞いてくれたら秘密を教えてくれるとのこと!

なんていい人なんだ!!ますますファンになりましたよ、はい。

③日々のトレーニングの意識

20161023_130642.jpg

(写真、ブレてる・・・?)

トークショーでは、日々のトレーニングのことについて、こんなことを言っていました。

“朝イチのランニングは欠かせないわ。ずっと前からやってきたことだし、体のメンテナンス、いわばメディテーションのようなもの。ランニングで体のコンディションを整えるの。”

これを聞いてランニング、しようかな、と思いました。単純ですからね、僕。

その他にも、栄養について。

“たくさんの人からこれは良い、これは良いって言われてどれが結局良いのか分からなくなってしまったの。だから原点に返って、普通の食事を普通に摂るように心がけているわ。試合で海外に行くときには、クオリティの良いものをしっかりと食べるようにして、泊る所はなるべく家のような居心地のいい空間にするように心がけているの。”

最初の方は聞けなかったのですが、それでも貴重な話を聞くことができました。

④こんなトレーニングしました

received_10207721704700399.jpeg

サーフィンをベースにした面白いトレーニングでした!

時々、水鉄砲を発射してまるでサーフボードの上にいるかのような感覚を味合わせてくれるエンターテイメント性もあり、すごく楽しくトレーニングができました!

received_10207721704820402.jpeg

サーフィンのスタンスで前後に揺さぶったり、細かい足踏みからのスクワットなどなどを行い、30分のセッションでもう太ももはパンパン。

他にも肩のモビリティーだったり、腕立ての途中で左右に揺さぶったりと、基本的なトレーニングをしっかりとベースに置いたまま、サーフィンに特化するような身体全体を動かすホールボディプログラムでした。

1つ1つはシンプルながらも、セッションの半ばからサリーちゃんってやっぱりすげぇ・・・。ってなってました。

received_10207721704900404.jpeg

これは最後のメディテーションの瞬間。

“ヨガマットを通して地球と繋がっていることを意識して~”とか、”自分の持つエネルギーを感じて~”など、スピリチュアルなことまで意識しているんだなと勉強させられました。

セッションの最後にはグループフォトを撮ったので、いつかSNSにアップされることを期待して、ます・・・!

 

自分の学校もいよいよ終盤に差し掛かっています。

この一年で色々なトレーニング方法を学びましたが、またさらに自分のトレーニングに幅をもたらしてくれる貴重な時間でした!!

ピラティス:Pilates

ピラティス:Pilates

①ピラティスって?

②サーフィンとピラティス

 

まず、初めに。

Termの終わりということもあって、とっても忙しくしています。

なので、今日の出来事をちょこっとだけ!

①ピラティスって?

pilates1

ピラティスとは、ドイツ人のJoseph Pilatesという人が考案したマッスルコントロールや、呼吸法、柔軟性、バランス、コアストレングスなどを主体としたボディメンテナンスエクササイズです。

以前、僕はヨガを体験したことはあるのですが、必要な身体の要素としてはヨガと類似している部分が多いですが、ピラティスではセラバンドやバランスボールを使ったエクササイズも多く使われます。

学校でピラティスの講義を受け、今回、テストの一環としてクラスを行いフィルミングを行いました!!

協力してもらったのは友達、ドイツ人のDaniel, Marvin and Heida そして、オーストラリア人(オリジナルはブリティッシュ)のNicki!!

柔軟性とバランス重視の20分間のセッションを今回は行いました!

②サーフィンとピラティス

pilates2

お決まりのサーフィンとの関連性!

僕がこうしてシェアするということは、もちろん、“効果アリ”です!!

  • マッスルコントール
  • 呼吸法
  • 柔軟性
  • バランス
  • コアストレングス

どれをとっても、関係性アリアリですよね

前回にもお話しをした、呼吸。

たくさん運動した時、普段感じない筋肉、首や鎖骨の辺りがすごく痛くなりますよね。

実は呼吸という動作は横隔膜やお腹回り、胸筋だけでなく、たくさんの小さい筋肉もつかっているのです!!

日ごろなかなか使わない筋肉をこうして意識的に鍛えることで、もっともっと簡単に疲れた時に呼吸ができるようになります!

 

今日お話ししたピラティスについて、もっと詳しく聞きたい、プログラムが知りたいという方がもしいれば、Facebookのコメントやメッセージ、または問い合わせページ(実はそんなのもあります)から教えてください!

質問などもいつでも気軽にしてくださいね!

では、またしばらく、空いてしまうと思いますが、課題に追われているためご了承ください。。。

シェアしたいことは、たくさんあるんです・・・。

 

高強度インターバルトレーニング!!

高強度インターバルトレーニング!!

①インターバルトレーニングとは?

②今回のメニュー

③サーフィンに応用できる?

④普段の生活には効果的?

①インターバルトレーニングとは?

今日、インターバルトレーニングセッションをしたので、紹介してみたいと思います!

インターバルトレーニングは持久力向上や体脂肪燃焼が期待されます、が、とってもきついです。

今回は高強度インターバルトレーニング!!

グループセッションなので、いくつかのステーションをペアを組んで回るという方法で行いました!

エクササイズは50秒間、ステーションを入れ替わるのは10秒、セット間が1分間の休み、を3セット

計20分間の短いけれどもハードなトレーニングです!!

received_10154460184729518.jpeg

②今回のメニュー

今回は、

①エアロバイク

②ローイング

③スキッピング(縄跳び)

④ステップアップ

⑤ジャンプランジ

⑥ラン(ダッシュ)

6個のステーションで行いました!!

received_10154460184609518.jpeg

僕は右端。

黄緑はドイツ人のクリス。

挟まれて叫んでいるのが、先生、マーカスです!

③サーフィンに応用できる?

サーフィンに、応用できるか。

出来ます!!

サーフィンには持久力が欠かせません。サーフィンの体力はサーフィンでしか養えない!そう、おっしゃる方もいるかとは思います。

それも、そうではありますが、というのも、使う筋肉が違うから。

しかし、基礎体力、という面では、間違いなく影響してきます。

1日に何ヒートも通して行われるサーフィンの大会。サーフィンがいくら上手くても、ファイナルまで全力を出し切れる体力がなければ勝てませんね。

フリーサーフィンでも、1日に2ラウンド、3ラウンドするとして、後半、体力続かなくてしんどい…

なんてこともありますよね。

インターバルトレーニング、しましょう!

ジムに行かなくても大丈夫です。

器具が無くても大丈夫です。

今回の6つのトレーニングのうち、ジムに行かなければならないもの、ローイング、ただ一つだけなんです!

ただし、気を付けなければならないのは、筋肉痛になるかならないかの絶妙なラインでトレーニングしなければならないということ。

サーフィンに影響は及ぼしたくありません。なので、1つ1つは高強度にしなくても大丈夫です。

とにかく、短い時間でいくつものステーションを回っていくことが重要になります。

もう一つ、忘れてはならないのが、ウォーミングアップとクーリングダウン。絶対に手を抜いてはいけません。

④普段の生活には効果的?

はい、間違いなく効果的です!!

仕事で疲れが溜まってしまい、せっかくのお休みをお家で過ごしている方ってどれくらいいるのでしょうか?

きっと、たくさんいると思います。

それって、僕はもったいないと思います。

お休みの日だからこそ、外に出て、いろんなことしていただきたいです!

最初はつらいかもしれない、でも、体力が付いてきたら、何かに取り組む活力になるかもしれない!

そしたらきっと1日の仕事量、生産性も上がると思います!

どうでしょうか?

いいと、思いませんか?

一人がしんどかったら、だれか、パートナーと一緒にやってみませんか?

質問あれば、聞いてください。

何したらいいですか?どれくらいしたらいいですか?

何でも聞いてください。

答えられる限り、お答えします!

received_10154460184959518.jpeg

きっとあなたもこんな苦笑いしかできないと思います、最初は。

でも、このジャーマンクリスのように余裕の表情出来る日がやってきますよ!