サーファーとしてどこまで身体能力を向上できるのか

サーファーとしてどこまで身体能力を向上できるのか

①授業で、実際のクライアントに実際にトレーニングをする

②初日にはこんなことを行いました

①授業で、実際のクライアントに実際にトレーニングをする

授業の一環で、我々はいくつかのタイプのクライアントを

実際にトレーニングできる機会があります

これがまず、このコースの醍醐味のうちのひとつ!

自分は、アルティメットフリスビーという競技の選手を担当し、

大会に向けてのトレーニングを10セッションと少し、行いました。

トレーナーとして、その競技を研究し、

ゴールに向かって一緒にアプローチをしていきます。

 

前回は、自分はトレーナー側でしたが、

今回は、サーファーとして、クライアント側として参加できることになりました。

 

②初日にはこんなことを行いました

今日はその初日!!

1、怪我の既往歴や2、身体の状態の確認、3、ゴールセッティング、

4、そのゴールにどのようにアプローチをするか、

などの測定評価、ミーティング(スクリーニングといいます)を行いました。

写真の彼が、僕のトレーナーのLudvig(ルイ:スウェーデン出身)

半年間サーフィンのセッションを共に行い、友人としても親しくしていますが、

これからは、トレーナーとクライアント。

ちゃんと差別をしていきます。

彼が指定した測定評価のうちの一つがこれ!

ビープテスト!

20mシャトルランといったほうがピンと来る人が多いかもしれません。

参考までに今回の結果を書いておきます。

Level10-11という結果でした!

評価でいうと、goodになるらしいです!!

これからの10セッションで、この結果がどれくらい伸びるのかが

とっても楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です