僕が水を1日3リットル飲む理由

僕が水を1日3リットル飲む理由

①水を飲むことを心掛けるようになったわけ

②実際に感じている身体の変化

③ダイエティションの視点からの水分の目標摂取量

④3リットルもの水を飽きずに飲む工夫

 

①水を飲むことを心掛けるようになったわけ

これは実際に僕が勉強をした栄養学の教科書です

実際に栄養のあらゆる分野が含まれ、

そのうちの一つの項目に今回のテーマの”水”

があるわけであります。

 

この授業で得た知識をもとに、

クライアントを見立てたケーススタディーを行ったり、

その後に実際のアスリートクライアントに

ニュートリションプランを組んだり、という経験を行いました。

その経験でも”水”というのは最も身近で、かつコストもかからず、

自分で試すのに最適だ!と思ったので、

ここ、半年ほど、なるべく毎日3リットルを飲むように心がけています!

 

②実際に感じている身体の変化

いわゆる効果効能は他のサイトさんを当たってください。

簡単に見つけられます。

ここでは僕がこの6ヶ月ばかりの間に実際感じた事実をお教えします!

 

とにかく一番は、疲れにくくなったということ!

裏を返すと、たまにどうしても3リットル飲めなかった時に

身体が非常に疲れやすく、ぼーっとしてしまいがちになります。

 

また、割と頻繁に起こっていた頭痛が、ほとんど起きなくなりました!

頭痛になってから、”あ、水飲まなきゃ”となっていたのが、

常にちゃんと飲むことで、頭痛にならなくて済むようになりました。

 

サーフィンと、水。

海に入っている我々はじらず知らずに汗をかき、

水分が体内から放出されていることに気づきにくいのです。

また、海水の塩分を口にしてしまうことで、塩分濃度が上がってしまいます。

ということは、体内の塩分濃度を標準化するために、

余分に水分が必要になってくるのです!

しっかりと水をサーフィン前に飲むことによって、

長いセッションでも体力がしっかりと維持できるようになり、

パフォーマンスも向上したと考えています!

飲む日、飲まない日を差別化して、自分なりに比較しました。

 

③ダイエティションの視点からの水分の目標摂取量

では、一体なぜ3リットルなのか。

授業の一環で受けたダイエティションのTaraという方に理由を尋ねてみました。

(つい先ほど、TaraのブログをFacebookでシェアさせてもらいましたのでぜひのぞいてみてください。)

実際は”体重×0.03リットル”でよいということ。

なので、僕の場合だと、

58kg×0.03=1.74リットル

となります。

そうです、1.74リットル飲んでおけばよいのです!

しかし、この数字というのはあくまで最低ライン。

何も動かないでも、この水分は摂っときましょうね~という数字なのです

 

④3リットルもの水を飽きずに飲む工夫

水をただただたくさん飲むのって、飽きるしかなり大変なんです実は

そもそも2リットル飲むのも苦労しました。

最初は500mlのペットボトルで行っていたのですが、なかなか続かず、

1.5リットルのボトルに変えてから、すんなりと飲めるようになりました!

人によっては、小さいボトルの方が飲める、という人もいます!

味で僕が工夫してるのは、

レモンジュースや、レモンスライス、ライムスライス、アップルビネガーサイダー

を入れて飲む、という飲み方!

結局は、”水”をわざわざ飲まなくても水分であれば

アップルジュースでも、コーラでも、レタスでも

なんでもよいのですが、

水が良い理由は”一番手軽に手に入り、余計なカロリーが無い!”

という点。

 

まず、自身の必要な水分量を計算して、

その分を意識的に飲むことからぜひ、

始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です